更年期障害はホルモン補充療法で治る!飲み薬も用いて改善しよう

熟睡できない病気

女性

睡眠時無呼吸症候群とは睡眠時に呼吸が止まる病気で、いびき、倦怠感などの症状があります。放置すると、事故などを起こす危険や、脳卒中や糖尿病などの病気を発症しやすくなります。そのため、気になる症状があれば病院を受診しましょう。

Read More...

ホルモン補充療法

花

婦人科は人気があります

若い女性は月経が定期的にありますが、これは女性ホルモンが分泌されることで発生します。しかしある年齢に達すると、女性ホルモンの分泌量が減少するようになるのです。女性ホルモンの分泌量が減少すると、50歳前後くらいで閉経を迎えます。ところが女性ホルモンは、月経を生じさせるだけではなくて、身体全体に影響するホルモンなのです。そのため閉経を起こすと、女性ホルモンの減少によるさまざまな症状が、発生することがあります。このような症状のことを更年期障害と呼んでいます。更年期障害に対する治療は、原因となる女性ホルモンを補充すると改善し易いです。そうした更年期障害に対する女性ホルモンの補充を、医療機関は得意にしているので人気があります。

バリエーションがあります

婦人科や内科、美容外科などで行われる女性ホルモンを補充する治療法のことを、ホルモン補充療法と言います。ホルモン補充療法は、女性ホルモンのなかのエストロゲンが中心です。しかしエストロゲンだけを補充すると、副作用が生じやすくなります。そこで医療機関では、もう一つの女性ホルモンの黄体ホルモンも、併せて補充することが一般的です。この両方のホルモンのバランスが問題で、個々によって変化させなければなりません。またホルモン補充療法は、飲み薬を用いることが主体です。しかし最近では、パッチ剤も登場するようになりました。このようにホルモン補充療法は、いろいろなバリエーションがあることが特徴です。こうしたバリエーションのなかから、医療機関では患者に最適なものを選択して更年期障害の治療をしています。

内科で検査を受けましょう

頭痛

甲状腺の病気にはバセドウ病や橋本病があります。どちらの病気も甲状腺ホルモンのバランスが崩れることにより発症します。現代の医学では完治できませんが、治療を行えば症状をコントロールできます。バセドウ病や橋本病は喉元の腫れが特徴です。喉元の腫れが気になる方は内科で検査を受けるようにしましょう。

Read More...

乳がんの検診

患者

乳がん検診の受診率は、日本では二割程度と非常に低い状態です。今後、その受診率を向上させる活動が期待されます。人気のある検査方法は、女性だけの検診で、女医による検診で、検診の日や場所も自由に選べる方法です。

Read More...