更年期障害はホルモン補充療法で治る!飲み薬も用いて改善しよう

サブメニュー

熟睡できない病気

女性

睡眠時無呼吸症候群とは、睡眠時に呼吸が止まる病気です。医学的には、1回10秒以上を無呼吸とし、それを1晩に30回以上か、1時間に5回以上あれば睡眠時無呼吸症候群と診断されます。主な症状は、寝ている間はいびきをかく、いびきが突然止まり、しばらくたつと大いびきをかく、呼吸が乱れる、夜中に何度も目が覚める、寝汗をかくなどです。起きたときは口渇感、熟睡できた気がしない、体が重い、頭痛がするなどです。この病気になりやすい方は、タバコ、寝る前の飲酒習慣がある、肥満気味だったり、脂質異常性、糖尿病、高血圧などの既往歴がある方です。痩せているからと安心はできません。首が太い、首周りに脂肪がついている、首が短い、歯並びが悪い、下あごが小さい、舌や舌の付け根が大きいなども睡眠時無呼吸症候群になりやすい方の特徴です。

呼吸が止まると、酸素を脳に送ろうとして心拍数は上がります。そのため、体に負担がかかります。睡眠とは休息をとるためのものですが、これでは休息はとれません。その結果、強い眠気や倦怠感、集中力の低下などが起こり、日常生活に支障をきたします。とくに、車を運転する場合、居眠り運転による事故の危険があります。また、脳卒中や心筋梗塞、糖尿病などを発症しやすくなります。また、厄介なことに、睡眠時無呼吸症候群は睡眠時に起こりますので自覚し辛いのです。寝室を共にする相手がいる場合は、相手が気が付く場合が多いですが、1人で寝ていると気づかないまま症状が進行することもあります。そのため、起きた時の症状、日常生活の眠気、倦怠感など、気になる点があれば病院を受診しましょう。