更年期障害はホルモン補充療法で治る!飲み薬も用いて改善しよう

サブメニュー

乳がんの検診

患者

日本は、乳がん検診の受診率が低い国です。約二割の女性が乳がんに罹患するのに対し、乳がん検診の受診率は20%台と、先進国では最低レベルです。今後の動向として、この受診率を上げる活動がさかんになることが挙げられます。少なくとも二年に一回は乳がん検診を受けるように推奨し、補助金を出している自治体も多くあります。乳がん検診には、マンモグラフィーと超音波エコー、触診、問診がありますが、できれば全部受診するのが好ましく、時間にして半日もかかりません。二年に一度、半日の手間で乳がんが早期発見できるので、多くの成人女性に啓発する必要があります。すべての成人女性に、個別に乳がん検診の受診を推奨する資料を配布することによって、受診率が倍増したというデータもあります。

乳がん検診において人気なのは、女性限定の場所で、女医による検診を受けられることです。例えば、女性のみのクリニックであったり、女性のみの検診が受けられるフロアーで実施しているところが、人気となっています。また、医師も女医のほうが、心理的な抵抗が少なくなるようです。また、集団検診だけでなく、多くの医療機関で、自分の都合の良い日に個別に受けられるような制度にすると、受診率が何倍にも上がったという例があります。やはり、特定の日に特定の医療機関のみでしか受けられないと、受診しづらいという面があります。仕事の都合がつかなかったり、遠くの医療機関まででかけるのが大変ということがあります。その点、近くの医療機関で気軽に受けられるような制度は、人気が高いと言えます。